その「痛み」や「しびれ」。 放置していると大変なことに…

menu

からだの痛み赤信号

目の下の痙攣が続く時の治し方。ずっと症状が治まらないのは脳の異常が原因かも?


目の下の痙攣が続く時の治し方

突然目の下がピクピクと痙攣したことありませんか?

事務職の方で長時間パソコンを使ったり、小さな携帯の画面を見続けているとたまに痙攣を起こす事があります。

確かに目が疲労していると目の下に痙攣が起こりやすくなります。

しかし、疲労以外にも目の下がピクピクと痙攣する理由は他にもあります。

ここではそんな目の下の痙攣の原因と、痙攣が原因と考えられる病気や症状についてご説明します。


Sponsored Links

目の下の痙攣が続くのはなぜ?痙攣を起こす原因

目の下の痙攣が続く時の治し方

ではまずは痙攣が起こる原因から説明していきます。

痙攣とはどのような症状?

痙攣とは全身の筋肉に起こる事があり、自分の意志とは関係なく全身、または一部の骨格筋に起こる筋肉が収縮する症状の総称です。

痙攣は筋肉が急に収縮したり、自分の意思とは関係なく勝手にピクピクと動いてしまう状態の事を言います。

痙攣を起こす原因は?

痙攣を起こす原因とされているのは以下の様なものです。

目の酷使による疲労

睡眠不足

ドライアイ

筋肉の疲労

ストレス

発熱(高熱時)

痙攣を引き起こす疾患

なぜ筋肉が勝手に収縮するのか?

上記は痙攣全般に関してご説明しましたが、以下は目の痙攣、特に目の下の痙攣に関してご説明します。

目の下がピクピクと痙攣を起こすのはストレスや、目の疲労、そして睡眠不足が主な原因と言われています。

また、末梢神経が筋肉のこりやむくみによって圧迫される事が原因で痙攣を起こす場合もあります。

疲労や睡眠不足が原因の痙攣は一時的な症状が多いです。

特に疲労の原因となりやすいのは長時間に及ぶパソコンや携帯電話の操作です。

また、長時間のテレビゲームも同様に目に疲労を与えます。

そして、結果としてドライアイの症状を引き起こしやすくなります。

更に、パソコンや携帯電話、又はゲームの操作に熱中し睡眠不足にもなります。

このような生活を繰り返す事で症状は悪化し、一時的な痙攣から慢性的な痙攣へと発展してしまうのです。

また、目の痙攣にはストレス性の痙攣もあります。

ストレス性の目の痙攣は女性に多いといわれています。

その中でも特に若い女性に症状が出やすいようです。

ストレス性の目の痙攣も一時的なものです。

症状が出たらストレスが溜まっているサインかもしれません。

ストレスを発散し、ゆっくり休息を取るようにしましょう


Sponsored Links

目の下の痙攣がいつまでも続く。それは病気の症状の可能性有。

目の下の痙攣が続く時の治し方

通常、目の下の痙攣は一時的だったり、長くても数日で治る事が多い症状です。

しかし、いつまでも症状が治らない場合は何かしらの病気の可能性があります。

次に、目の痙攣で考えられる病気についてご説明していきます。

眼瞼痙攣(がんけんけいれん)

眼瞼痙攣の初期症状はドライアイに似た症状です。

初期の頃は目の乾燥、目の違和感、異常に感じるまぶしさ等があります。

症状が進行していくと瞬きの回数が無意識に増えるようになります。

そして、痙攣の症状も現れ、更に症状が悪化すると無意識に目が閉じてしまう事もあります。

自らの意思とは関係なく目を突然閉じてしまう為、運転中などは特に危険です。

眼瞼痙攣は神経系の異常とされていますが、今のところ明確な原因は分かっていません。

初期症状がいつまでも続くようであれば一度眼科医で相談してみて下さい。

VDT症状群

VDTとはVisual Display Terminalsの略です。

パソコンのディスプレイや、その周りの端末などの環境を意味します。

そのため、VDT症候群は現代病の一つとされています。

VDT症候群を発症すると目の周りに痙攣の症状が現れます。

原因は長時間に渡りパソコンの操作、つまりディスプレイを長時間見続ける事による目の疲労です。

対策として有効なのがブルーライトを遮断するめがねの着用です。

ブルーライトを遮断することで目の疲労を軽減する効果が期待出来ます。

パソコンの操作に疲れを感じたら休憩を取り、目を休めるようにしましょう。

症状を悪化させてしまうと、首や肩がこり、頭痛を引き起こす場合もあります

目の下の痙攣は脳に異常がある可能性も!

目の下の痙攣が続く時の治し方

もし目の下の痺れが片目だけにあわられる場合、片側顔面痙攣(へんそくがんめんけいれん)の疑いがあります。

症状が悪化すると目だけではなく、顔の片側全体に痙攣の症状が現れます。

そして更に症状が悪化すると顔が歪んでしまったり目が開けられなくなってしまいます。

片側顔面痙攣は高血圧や高脂血症を患っている人に多く見られる症状です。

片側顔面痙攣の原因とされているのは血管が顔面の神経を圧迫する為です。

場合によっては、頭蓋骨のくも膜に異常がある場合もあるので注意が必要です。

顔面の神経は脳幹という脳の中心部から出てきています。

その脳幹から出ている顔面神経の根元部分が血管で圧迫される事により顔面の筋肉が痙攣を引きを越すのです。

たかが目の下のしびれと甘く見ていると、実は脳に原因がある場合もあります。

いつまでも症状が改善しないようであれば、一度病院で受診する事をお勧めします。


Sponsored Links

関連記事