その「痛み」や「しびれ」。 放置していると大変なことに…

menu

からだの痛み赤信号

点状皮下出血の原因は?高齢者に特有な病気かも


subcutaneous-hemorrhage

身体に赤紫色の点々のような出血は普段みたことありますでしょうか。

また、身体に斑点のようなものがあると、痛みはそれほどなくても、気になるものですね。

どうしたんだろうと心配になります。

症状とてはどんな感じでしょうか。かゆみはあるでしょうか。

気持ちがわるい感じはしますでしょうか。

はたまた、何も感じるものはないでしょうか。

あまりどこかにぶつけた経験がなくえも急に手や足に斑点ができるような時があるようです。

どんなところに原因があるのでしょうか。

年齢のよっても違うようです。

子供や大人、高齢者によっても違うそうです。

実はこの病気さまざまな原因があり、症状や状態によって色など違うようなのです。

ここでは皮下出血について原因とその治療法に関してお伝えしたいと思います。

では皮下出血とはどんなものでしょうか。

皮膚の下には皮下組織があります。太ると脂肪がついてしまうところですね。

よく皮下脂肪をいわれる場所です。みなここを減らすためにダイエットに励むところです。

皮下出血とは皮下脂肪ができるところに出血のかたまりができてしまい、こぶができたようになります。

決して皮膚からは血がでることがありませんが、赤や紫の斑点がみえるのです。

では、なぜここに出血のかたまりができるのでしょうか。

次にその原因についてお伝えしたいと思います。


Sponsored Links

なぜ皮下出血がおこるのか

subcutaneous-hemorrhage1

原因は複数ありますので、ひとずつお伝えしたと思います。

加齢

年齢があがると皮膚が弱体化し少しの圧迫で血がでてしまうのです。

年を重ねると血管を保護しているコラーゲンや脂肪が減少します。

ですから徐々に皮膚が細胞を守れなくなってしまいます。

その結果痛みはなくても斑点の皮下出血が出来てしまうのです

はじめは赤や紫色だったの次は黄色に変色することあるそうです。

これにたいしては後に書きますが、食事や適度な運動で予防できるかもしれません。

血小板の異常

これは風邪や感染症後に血小板に対する自己抗体できます。

その抗体が足や手の点状の出血となって表れてしまいます。

血友病

凝固因子が先天的に疾患をもっている病気です。

男性に多く特徴としては関節や筋肉に現れます。

白血病

しらないうちに斑点ができます。正常な血液細胞ががん化します。

血球が減少していきさまざまな症状を引き起こします。

足に必ず点状の斑点ができます。

このように病気の症状のSOSのサインとして現れるケースが多いようです。

痛みを伴わなくても、何らかの異常発信をしているということです。

では皮下出血を予防するにはどうすればいいでしょうか。

次に予防のついてお伝えしたいと思います。


Sponsored Links

日頃から予防するには?

subcutaneous-hemorrhage2

やはり一番大事なのは血のめぐりをよくすることです

身体の血を活発にしてあげることです。そしてサラサラにすることです。

まずは食事で血液に必要な成分を積極的にとりましょう

赤みの肉、魚、レバー、野菜、海藻、大豆

栄養素としてはビタミンCです。

効果としては代謝の促進、鉄分の吸収、そして血液をサラサラにします。

ビタミンEも重要です。抗酸化防ぎ、老化とおさえる力があります。

よくテレビなのででてくるトマトなどのリコピンなどもいいのではないでしょうか。

そしてポリフェノールを含む赤ワイン、お茶、紅茶なども抗酸化作用をもっています。

パントテン酸は血液の余分なコステロールを回収する働きがあります。

これらは血液をつくるための必要な成分となります。

日々の食生活でこれらをなるべくおおく摂取したいものですね。

必ず取り入れるようにいたしましょう。

そして外的保護としてはサポーターや保護クリームをすることで出血を防ぐ方法もあります。

サポーターは柔らかいものであれば、動きをさまたげずに皮膚を守ることができます。

保護クリームはぬることで皮膚の摩擦や乾燥を防止します。

また家の環境も高齢者がつまずかないようにする必要があるでしょう。転倒が皮下出血を招きまず。

転倒しないように段差などをなくしていくようにいたしましょう。

そしてなにより運動ではないでしょうか。運動は自然と血行がよくなります。

無理のない範囲で動きましょう。あまにやりすぎるとケガのリスクが高まりますので要注意です。

点状皮下出血と日常

subcutaneous-hemorrhage3

これまでにお伝えしましたが皮下出血とはあまり痛みはないももの病気のサイン。

SOSになっているケースが多いようです。

ですから、一番怖いのは痛みを伴わないからほっておく。

まあ大丈夫かな。痛くないから。

これが病気の進行を早めてしまう。

または早期発見を遅らせるのではないでしょうか。

痛みは無いにこしたことはありませんが、身体の大事なSOSサインです

痛みがあることによって、治療に向かおうとするきっかけになります。

ですから、痛みは日頃の健康にとって歓迎すべきものでしょう。

例外を除いて痛みイコール何らかの異常だからです。

しかし、今回の皮下出血のように色が変色だけ。

そうするとなかなか病院にいくまでが遠いのではないでしょうか。

痛みがある時と比べて。非常に異変に気つきにくい。そんな症状ですね。

痛みがなくとも、おかしいな?と思ったら早めに病院です。

そして皮下出血の場合やそれ以外でも、血の血行をよくすることが何よりの予防です。

様々な病気はすべて血の巡りの悪さが原因のものばかりです。

日々の生活の中で食事と運動、そして水分補給。

これさえ毎日気をつけていれば、たいていの大きな病気は予防できるのではないでしょうか。

病気は一見不可抗力のようにみえますが本人の日々の生活が原因によるものも多いと思います。

やはり日頃から自分の大事な身体に対してのケアが足りなくなると、病気を招く原因になります。

暴飲暴食や運動不足、タバコや酒など。行き過ぎていないでしょうか。

仙人やお坊さんのような厳格な生活とまでは言いません。

立ち止まって自分の身体がどんな状態なのかをみてあげることが常に大事なのではないでしょうか。

大きな病気は患うと健康への感謝と自分の生活習慣の乱れを後悔と感じるかもしれませんね。

そうなる前に、食事と運動、水分補給には気をつけて生活いたしましょう。

そうすれば生き生きとした毎日が送れるはずです。


Sponsored Links

関連記事