その「痛み」や「しびれ」。 放置していると大変なことに…

menu

からだの痛み赤信号

爪のでこぼこはネイルケアで治す!親指がなりやすい原因と対処法は?


nail-bumpy

足や手の爪がでこぼこしている人を見たことはありませんか?

昔から爪は健康のバロメータと呼ばれており、でこぼこした爪は体が発している異常のサインかも知れません。

爪がでこぼこになる原因はいくつがあります。

その原因により対処法も異なりますので、ここでは原因の種類と対処法をご説明します。

しっかりと対処法を学び健康な爪を維持するようにしましょう!


Sponsored Links

たかが爪のでこぼこ。しかし体が訴えているSOSのサインかも!

nail-bumpy1

ではどんなときに爪に症状が現れるのでしょうか?

まずは爪に現れる症状とその原因をご説明します。

大きく分けて外的要因によるものと健康状態に起因するものに分かれます。

・爪に異常を来たす外的要因

まずは外的要因により現れる爪の異常をご説明します。

1. 洗剤による刺激

外的な要因として多いのは洗剤などによる刺激によるものです。

家庭用の化学成分を含む洗剤の刺激によって爪が弱くなります。

それにより爪の表面に細かい割れ目が沢山出来てしまいます。

さらに症状が進行すると爪が割れてしまう事もあります。

2. 除光液による刺激

マニキュアを落とそうと除光液を使用すると思いますが、これも爪を傷める原因です。

除光液を塗ることで爪の表面の水分が奪われ、爪が乾燥しやすくなります。

これにより爪がでこぼこになったり割れやすくなってしまいます。

3. サイズの合わない靴による爪への過度な圧迫

特につま先のサイズの合わない靴を履くと爪が過度な圧迫を受けます。

そして爪が徐々に皮膚に食い込むようになり痛みの症状が現れます。

さらに食い込んだ爪を取り除こうと深爪してしまうと症状を悪化させてしまいます。

・体調不良や健康状態により発症する爪の異常

次に外的要因以外で発症する爪の異常に関してご説明します。

1. ストレスや不規則な生活による爪の異常

ストレスや不規則な生活を繰り返すと爪に異常が現れます。

過度なストレスや不規則習慣を改善しないと血流が悪くなります。

そうすると爪の表面に横線の筋の様なものが現れる事があります。

爪の主成分はたんぱく質です。

ですのでたんぱく質を一定量摂取せずにたんぱく質不足になると爪がもろくなってしまいます。

また、無理なダイエットなどを行ってビタミンAやビタミンB2が不足すると爪のツヤがなくなり、新しい爪が成長しにくくなってしまいます。

2. 加齢による爪の異常

人は年を重ねるごとに老化するものです。

年をとると体の水分量が減少し、若い頃に比べて乾燥しやすくなってしまいます。

また、血流も若い頃に比べて悪くなり爪の水分量も減少してしまいます。

加齢による爪の以上の場合、爪の表面に縦線の筋が現れる事があります。

この症状は皮膚で言うところの”しわ”の様なものなので特に問題はありません。


Sponsored Links

あの爪の異常はある病気のサインかもしれない!

爪がでこぼこ

上記の原因による爪の異常は使用している洗剤を見直したり、食生活を見直す事で改善可能です。

重症化する事はなく、しっかりと栄養を取り爪を刺激から守ることで自然に治るものです。

しかし、これら以外の理由で爪に異常が現れた場合はある病気のサインかもしれません!

1. 爪の表面が青くなる

爪の表面が青くなった場合は貧血の可能性が高いです。

特に女性は貧血になりやすいものです。

さらに妊娠中や授乳中の女性はかなり多くの鉄分を摂取する必要があります。

鉄分をしっかり摂取して貧血の症状を改善させましょう。

鉄分の多い食品:

・レバー(特に豚のものが良い)
・ほうれん草
・小松菜
・海藻類(特にひじきが良い)
・大豆
・ドライフルーツ など

鉄分はそのままだと吸収されにくく、一緒に摂取する食材も重要です。

お勧めなのはビタミンCを豊富に含む野菜や果物です。

また、たんぱく質を含む卵や牛乳を一緒に摂取するとさらに効率よく鉄分をとる事が出来ます。

2. 爪の表面が白くなる

爪の表面が白くなった場合、糖尿病慢性肝炎などの内臓疾患の可能性があります。

糖尿病は膵臓でつくられるインスリンの分泌機能が低下する事で起こります。

分泌量が低下すると血糖値が慢性的に高い状態になり、この状態を糖尿病と呼びます。

糖尿病は初期段階ではほとんど自覚症状がありません。

しかし空腹時血糖の数値が200mg/dl以上の高い数値になると、だるさ倦怠感のどの渇き、など自覚できる症状が現れます。

3. 爪の表面が青紫色になる

爪の表面が青紫色になっている場合、心臓病の疑いがあります。

爪に異常が現れた時の正しい対処法は?

爪のでこぼこ

爪の異常だけで断定することは出来ませんが、症状が長く続くようであれば一度専門医を受診したほうが良いでしょう。

大した事は無いと爪からのSOSを無視し続けると気が付かないうちに症状が進行してしまい治療が難しくなってしまう事があります。

また、上記の通り爪の変色は重大な疾患によるものかもしれません。

手遅れになる前に爪に異常が現れたら早めに専門医に相談するようにしましょう!


Sponsored Links

関連記事