その「痛み」や「しびれ」。 放置していると大変なことに…

menu

からだの痛み赤信号

リハビリで膝内障を予防。もし外傷性で損傷した場合は手術で治療。


knee-pain

急に膝が痛くなった!

もしくは膝を曲げるのに何か違和感がある?

歩くのにどうも踏ん張りがきかない。

など感じられたことはありますでしょうか。

一言に膝の痛みといってもさまざまのものがあります。

膝内障という言葉は聞かれたことありますでしょうか?

膝というのは腱や靭帯と半月板などから構成されています。

その膝全般の損傷を総称として膝内障と呼ばれます。

たとえばよく耳にする半月板損傷や変形性膝関節症などはこの部類に属します。

ここでは膝の損傷をいくつか絞ってその対処法についてお伝えしたいと思います。


Sponsored Links

膝内障の損傷とは

knee-pain1

半月板損傷

よくスポーツ選手が起こしてしまう半月板損傷。

半月板とは太ももの骨とすねの骨の間にある軟骨です。

この軟骨が足の衝撃をやわらげるクッションの役割をはたしています。

ここで振動をおさえているわけですね。

半月板といわれますが実は形が三日月状をしています。

膝の内側から外側へ三日月のように位置しているのです。

半月板損傷とはここが強い衝撃によって傷がついてしまう疾患です。

変形性膝関節症

膝の関節の中にはさきほどお伝えした軟骨があります。

変形性膝関節症とはこの軟骨がすり減って痛みがでてくるのです。

軟骨はクッションの役割をしていますので軟骨がすり減ると骨と骨とがぶつかってしまいます。

日本人は内側がすり減ってしまうことが多く症状が進行するとO脚になってしまいます。

日本人に膝の内側が減ってしまうのはどうやら先天的なものの様です。

前・後十字靭帯損傷

前十字靭帯と後十字靭帯は太ももの骨とすねの骨をつないでいる靭帯です。

ちょうど靭帯が前と後ろをクロス状にまたがっているように位置しているのです。

文字通り十字状ですね。

この靭帯は膝に安定感をもたらす役割をはたしています。

この靭帯が損傷すると膝がグラグラし始めるのです。

関節水腫

関節には関節液というものがあります。

これは関節の潤滑油の役割をはたしていて関節がスムーズに曲がるようにしています。

その関節液は通常0.5mlくらいあるのです。

この関節液が入っている滑膜がなんらかの理由で炎症がおこる病気が関節水腫です。

関節水を多く作りすぎてしまい水が溜まってしまうのです。

膝がちょうど水ぶくれのような状態ですね。

ではこれらの関節の障害や損傷に対してどんな対処法があるでしょうか。


Sponsored Links

膝内障の対処法とは

knee-pain2

半月板損傷の場合

半月板損傷の対処としては膝の関節に負担をかけないように安静にします。

この膝の安静を保つことが大切です。

もし痛みが止まらない場合は飲み薬や湿布薬をはって痛みを落ち着かせます。

そして徐々にリハビリを行います。

もしこの保存的治療で治療が進まない場合は手術になります。

手術法には2つあります。

一つは半月板縫合術でもうひとつは半月板切除術です。

半月板縫合術とはその名の通り縫い合わせて治療する手術です。

復帰するのには4か月から6か月リハビリ期間が必要です。

もうひとつの半月板切除術とは損傷した部分を切り取ってしまう方法です。

こちらは復帰するのには2か月から3か月でリハビリの時間は短縮されます。

しかしもともとあった組織を削っているので将来的に変形性膝関節症になる恐れがあります。

手術後のリハビリでは膝の曲げ伸ばしを繰り返して筋力低下にならないようにします。

変形性膝関節症の場合

まずは運動療法です。

片足ずつ10回から20回上げ下げする足上げ運動が効果的のようです。

この運動をすることによって関節の可動範囲を広げる目的があります。

ただあまりやりすぎるとかえって悪化する恐れもありますので医師に相談しましょう。

またサポーターや足底板とよばれる補助器具を使って治療する場合もあります。

足底板とは足の底につける中敷きです。

足の外側を少し高くすることで膝の負担を軽くします。

ただこの補助器具は一時的に痛みを軽くするだけなので根本的な治療ではありません。

運動療法と合わせて使用しましょう。

そしてこの治療法で損傷が治らない場合に手術です。

こちらも2つあります。

ひとつは関節鏡視下手術でもうひとつは人工関節置換術です。

関節鏡視下手術とは膝の中に小さなカメラを入れます。

そのカメラを見ながら膝の異常な部分を切除します。

メスをいれるのは小さな傷を数か所で済むので患者にとって負担の少ない手術です。

それに対して人工関節置換術は軟骨がなくなってしまった場合に行います。

かなり損傷が進行した時の対処法ですね。

これは人工で作った金属やポリエチレンと体内の骨を入れかえる手術です。

膝に骨の役割を果たす人工物を入れる訳です。

こちらはかなり大きな手術となります。

患者にとっては手術に踏み切るには身体的にも精神的にもエネルギーが必要です。

この手術をされる方がもしまわりにいらしたら声をかけてあげましょう。

心理的に気持ちが和らぐはすです。

前後十字靭帯損傷の場合

こちらは基本的に手術を行わず保存治療が原則のようです。

この靭帯は血流が流れやすいところにあるためです。

この血流の自然治癒によって回復を待つ事が主流のようです。

やはり医師としても手術を避けたい訳ですね。

関節水腫の場合

関節水腫の場合はまず病院へ行って水を抜いてもらうのが一番です。

水を抜くことでまず痛みが軽減されます。

そしてさらに歩きやすくなります。

この炎症が引くまではこの水を抜くことを何回か繰り返していきます。

水をぬいてもらったら数日は安静にしましょう。

なるべく膝の負担を減らして炎症をおさえることに力を注ぎましょう。

そして対処としては温熱治療です。

膝に水が溜まるのは血行不良が原因と考えらえています。

電熱や温湿布であたためて血行を促進させます。

これにより代謝を上げて筋肉の緊張をほぐして痛みを軽減させます。

膝の痛みとの付き合い方

knee-pain3

以上膝内障について紹介いたしました。

どのように感じられましたでしょうか。

一番難しいと思うのは安静と運動の両方をしなければならない点です。

一方は安静にして治癒を促進しなければならない。

もう一方では運動しないと筋力の低下を招き膝が弱くなってしまいます。

この安静と運動のバランスをいかにとるのかが膝の疾患の場合大切でしょう。

膝の状態を確かめながらどこまで膝に負荷をかけて運動するのか。

これを慎重にうまく進めていくのが最善の治療ではないでしょうか。


Sponsored Links

関連記事