その「痛み」や「しびれ」。 放置していると大変なことに…

menu

からだの痛み赤信号

肝臓が痛い?臓器の場所を把握して原因を突き止めてから病院へ!


痛風患者の食事でダメなもの一覧

よく肝臓は沈黙の臓器と言われます。

これは肝臓に異常があっても症状が現れにくい為です。

肝臓は人体の臓器の中でも特に再生能力代償能力に優れています。

そのため肝臓の一部がダメージを受けたとしても、残った正常な細胞がダメージ部分を補う事で機能を維持します。

また、肝臓には痛みを感じる神経が存在していないので、異常を早期に発見するのは非常に難しいです。

しかし、沈黙の臓器である肝臓に痛みを感じた

もしかしたらそれはすでに重大な症状になっているサインかもしれません。

しかし、もし肝臓が痛いとしても肝臓がからだの中のどこにあるか正確に分かるでしょうか?

また、その痛みが本当に肝臓の痛みであるかが分かるでしょうか?

ここでは肝臓に異常や痛みなどが現れる時にどんな症状が起こるのか?

そして、肝臓の痛みで疑われる病気の症状についてもご説明します。


Sponsored Links

沈黙の臓器は体のどこで何をしているの?

肝臓が痛い

肝臓が体の中のどこにあるか正確に分かるでしょうか?

肝臓は胸とお腹の境い目にある横隔膜の直下にあり、大体胃袋の右隣辺りに位置しています。

肝臓は人体の中でも最大の臓器で、成人男性的1.2~1.4キロ、成人女性で1~1.2キロあります。

これは心臓の約4倍の大きさです。

肝臓は多くの細胞で出来ていて、様々な役割を果たしています。

肝臓の主な機能は以下の通りです。

1. 解毒機能
2. 代謝機能
3. 胆汁の生成と分泌

肝臓は痛くならない!痛く感じる理由とは?

肝臓が痛い

前期の通り肝臓には痛みを感じる神経が通っていません

そのため、「肝臓が痛くなる」という事は実はあり得ないのです。

ではなぜ「肝臓が痛い」と言う人がいるのでしょうか?

肝臓は痛みを発する事はありませんが、腫瘍が出来たり異常があると腫れたりします。

そして、腫瘍や肝臓が腫れたときに肝臓を覆う膜や回りの臓器が影響を受けます。

つまり、肝臓その物が痛くなるわけではなく、肝臓の回りの膜や臓器が痛みを発しているのです

ではどのような原因で肝臓に腫瘍が出来たり腫れたりするのでしょうか?

肝腫瘍(かんしゅよう)

肝臓に出来た腫瘍肝腫瘍といいます。

肝種類には2種類存在します。

ひとつは原発性のもの。

もうひとつは転移性のものです。

注意すべきなのは原発性のもので良性のものと悪性のものが存在します。

悪性のものには肝細胞がんなどが含まれるので注意が必要です。

肝腫瘍の原因:

肝臓に腫瘍が出来てしまう理由は様々です。

肝芽腫が原因の場合:

肝芽腫が原因で肝腫瘍発症することがあります。

肝芽腫は乳幼児期に発症することが多く、未熟な肝細胞から発生すると考えられています。

また、がん細胞を制御するための遺伝子の異常たんぱく質の異常も関連していると考えられています。

肝臓細胞がんが原因の場合:

体内に取り込まれたアルコール分は主に肝臓で分解されます。

このため、過度なアルコールの摂取は肝臓に大きな負担をかけることになります。

そして、長い期間に渡って負担をかけることが肝細胞がんになりやすいと言われています。

お酒を多く飲む人は脂肪肝にも注意が必要です。

気をつけないと肝脂肪炎を発症し、その後に肝硬変肝臓がん悪化していくことがあります。

その他の原因としては、B型、もしくはC型肝炎ウイルスに長い期間感染した状態が続くと肝細胞がんの症状を発症しやすくなってしまいます。

肝腫瘍の症状:

肝芽腫の場合、乳幼児が患うことが多いため症状を訴える事はほとんどありません。

沈黙の臓器と呼ばれるだけあり、初期症状を見つける事はかなり難しいです

症状が進行すると、発育不全栄養障害体重増加不良などの症状が現れます。

また、哺乳力の低下発熱などの症状が長期間続くような場合は注意してください。


Sponsored Links

本当に効くの?肝臓によい食べ物と悪い食べ物

肝臓が痛い

口から摂取した食べ物は各消化器官で栄養を吸収分解して体へ取り込んでいます。

その中でも特に重要な役割を担っているのが肝臓と言えるでしょう。

肝臓はアルコール分を分解するだけだと思われがちですが実は他にも様々な役割があります。

ここではそんな肝臓を元気にする食べ物肝臓に良くない食べ物をご紹介します。

まずはビタミンを摂取しましょう!

肝臓の健康に保つためにはビタミンを欠かす事は出来ません。

肝臓のビタミンは送られてきた栄養分を処理するために必要です。

しかし、ビタミン不足の肝臓では栄養分をしっかり処理できず体にエネルギーを行き渡らせる事が出来なくなります。

その結果、倦怠感が続いたり体調不良を引き起こしてしまいます。

肝臓に必要なビタミンは抗酸化ビタミン(ビタミンA,C、E)です。

以下に抗酸化ビタミンを多く含む商品をご紹介します。

レバー
ブロッコリー
かぼちゃ
ゴマ
うなぎ
牡蠣
ナッツ

肝臓の調子が悪いと感じた時は是非試してみてください。

肝臓に悪い食べ物はこれだ!

では次に肝臓に悪い食べ物飲み物をご紹介します。

お酒:

酒は百薬の長といいますが飲みすぎてしまうとただのです。

アルコールの分解は肝臓に大きな負担をかけます。

節度を守って飲み過ぎないように注意しましょう。

添加物を含む食品

添加物を多く含む食品にも注意が必要です。

加工食品、コンビニの弁当などに特に多く含まれているようです。

ジャンクフード

ジャンクフードと呼ばれる種類の食品にも注意が必要です。

ファストフード
インスタントラーメン

糖質脂質とも非常に多く肝臓への負担も大きいです。

肝臓の異常は気が付きにくく、知らぬ間に病気の症状が進行している事があります。

定期的に健康診断を受け、異常を感じたら直ぐに病院で受診するようにしましょう。


Sponsored Links

関連記事