その「痛み」や「しびれ」。 放置していると大変なことに…

menu

からだの痛み赤信号

腎臓健康法は減塩から。体によい食べ物で慢性腎臓病の痛みを解消しよう!


膵臓癌の症状は背中の痛み

腎臓の主な役割は血液中に含まれる老廃物濾過することです。

そしてその濾過した老廃物を尿と一緒に体外へ排泄する役割を担っています。

そして腎臓にはこれ以外にも実に様々な役割を果たしています。

腎臓には何らかの異常が発生すると体に起こる症状があります。

ここでは腎臓に起きやすい病気の原因対処法、また腎臓を健康に保つ予防法をご説明します。


Sponsored Links

腎臓の機能。体内を綺麗に保つフィルター!

腎臓健康法は減塩

腎臓とは体のどこどのような機能を果たしているのでしょうか?

ではまずは腎臓について詳しくご説明します。

腎臓の位置

腎臓は空豆のような形状をしています。

大きさは握り拳ほど左右に1個ずつ対になっています。

腎臓の場所は横隔膜の下で背骨の両側辺りに位置しています。

手を背中に回して背骨と脇腹の中間辺りです。

腎臓の役割

腎臓の役割で広く知られているのは血液中の老廃物の濾過ではないでしょうか?

腎臓は濾過した血液中の毒素老廃物を尿と共に体外へ排泄します。

しかし、腎臓の機能が低下すると尿の出が悪くなります。

すると体内の毒素や老廃物が蓄積され尿毒症を発症してしまうのです。

では、腎臓には他にどのような機能があるのでしょうか?

腎臓は血液の製造の鍵

体内で血液が作られるために欠かせないのが腎臓です。

血液は骨髄の中にある細胞が腎臓から出ているエリスロポエチンによる刺激を受けることで作られます。

そのため、腎臓には異常が起きるとエリスロポエチンが出なくなってしまいます。

その結果、血液が十分に作られず貧血の症状を引き起こす事があります。

血圧の管理者

腎臓には体内の塩分水分を排出する量を調整する機能があります。

そしてこの機能で血圧をコントロールしているのです。

・血圧が高いとき

塩分と水分の排出量を増加させ血圧を下げる

・血圧が低いとき

塩分と水分の排出量を減らし血圧を上げる
または、血圧をキープするホルモンを分泌し、低血圧時には血圧を上げる

血圧は腎臓との関係が深いです。

腎臓の機能が低下すると高血圧になる可能性もあります。

血圧に異常がある場合は特に肝臓の健康に気を使う必要があります。

強い骨を作る!

血液だけではなく、腎臓は骨の発育にも影響します。

腎臓は体内にカルシウムを吸収させるために必要な活性型ビタミンDを製造しています。

そのため、肝臓に異常が起こると活性型ビタミンDの量が減少してしまいます。

その結果、カルシウムの吸収量も低下し、骨が弱くなってしまうのです。


Sponsored Links

腎臓が痛い!その症状と原因は?

腎臓健康法は減塩

腎臓に異常が起こるとからだの他の場所にも症状が現れる事があります。

腎臓の病気でよく聞くのは腎炎腎結石腎臓ガンなどがあります。

特に中高年以上の方に多く見られるのが慢性腎炎です。

この病気は気がつかないうちに症状が進行している場合が多く注意が必要です。

近年では腎臓病高血圧糖尿病が原因であることが明らかになってきました。

しかし、腎臓の症状はかなり悪化してからでないと自覚出来る症状が現れません。

気が付くのが遅れてしまうと尿毒症を起こしてしまう場合もあります。

そして更に症状が悪化してしまうと人工透析を受けなければならないなど症状が重症化してしまう可能性もあるのです。

ただし、全く自覚症状が無いわけではありません

腎臓に異常がある際に一番分かりやすいのは尿の色です。

通常は透明か黄色っぽい色をしています。

腎臓が原因で尿に現れる異常には下記の様な症状があります。

蛋白尿(たんぱくにょう):

腎臓の濾過機能が低下すると尿にたんぱく質が漏れ出してしまう事があります。

この状態を蛋白尿と呼びます。

蛋白尿になると尿が濁ったり、排尿した際に便器で泡が立つようになります。

血尿(けつにょう):

同じく濾過機能に障害が起きることで血尿の症状が現れる事があります。

これは尿に赤血球が混ざってしまうためです。

血尿は褐色に近い濃い色の尿が特徴です。

腎臓が原因ではなく、膀胱尿道出血がある場合も血尿が起こります。

この場合は、尿に鮮やかな赤い色が混じる様になりますが、腎臓の異常に起因するものとは異なります。

血尿=腎臓ガンをイメージする人も多いようです。

しかし、血尿には腎炎など様々な原因で起こることがありますので血尿=腎臓ガンでありませんのでご安心ください。

尿に現れる異常は普段からご自分の尿を観察することで変化に気が付く事が出来ます

もし異常が見られるようであれば早めに病院で検査するようにしましょう。

減塩からはじめる腎臓健康法!腎臓によい食べ物とは?

腎臓健康法は減塩

食べ物で腎臓によいもの悪いものがあります。

悪いものの代表格といえばやはり塩分です。

では、塩分を摂取し過ぎるとどうなってしまうのでしょうか?

腎臓疾患(じんぞうしっかん)

腎臓は塩分を体外に排泄するためのフィルター機能をはたしています。

適度な塩分であれば問題はありません

しかし、過剰な塩分摂取状態が長く続くと、腎臓に過度な負担をかけることになります。

その結果、腎臓の濾過機能が低下し、腎臓疾患の原因になってしまう事があります。

どんな食べ物が腎臓によい?

最後に腎臓に良いとされる食べ物と悪いとされる食べ物をご紹介します。

しじみ

しじみに含まれるオルニチンというアミノ酸腎臓障害の改善にもよいと言われています。

加えてビタミンタンパク質ミネラル等も豊富にふくまれています。

豆類

豆類には利尿作用解毒作用が含まれるものがおおいです。

しかし、すでに腎臓に異常があったり弱ったりしている場合は注意して下さい。

豆類には多くのたんぱく質が含まれています。

腎臓が健康な状態の時には豆類を摂取すると健康維持に効果的です。

しかし、たんぱく質は腎臓が弱っている場合は腎臓に過度な負担をかけることになってしまいます。

ですので、腎臓が弱っている際のたんぱく質の摂取は注意しましょう

また、適度な水分補給も腎臓の健康を保つためには有効です。

寝起きにコップ1杯分の水を飲む。

たったこれだけでも利尿作用を高めて腎臓によい影響をもたらします。

まずは薄味減塩を心がけましょう。

そして腎臓を健康に保つ食べ物で腎臓を労りましょう!

腎臓の異状は初期症状が見つけにくいです。

腎臓に異常を感じたら病院で検査してもらう様にしましょう


Sponsored Links

関連記事