その「痛み」や「しびれ」。 放置していると大変なことに…

menu

からだの痛み赤信号

食道が痛い原因は逆流性食道炎以外にも!喉から胃と広がって行く違和感に要注意!


食道が痛い原因

脂っこい食事の後に胸から喉にかけて違和感を感じたことありませんか?

食べ過ぎや胸やけかと思っていると実はそれは食道炎や食道がんの初期症状かも知れません。

ここではそんな食道の異常の原因と症状、その対処法をご説明します。


Sponsored Links

食道とは?食道の機能を詳しく解説

食道が痛い原因

食道とは食べ物や飲み物を医に送るための管です。

食道は食べ物や飲み物を運ぶためだけの器官で、消化や吸収の機能はありません

食道の上下には上部括約筋(じょうぶかつやくきん)下部括約筋(かぶかつやくきん)と呼ばれる2つの筋肉が存在しています。

食道上部にある上部括約筋は食べ物が食道から逆流しない様にする役割を果たしています。

逆に、胃の近くにある下部括約筋は胃に送り込んだ食べ物が逆流しないように閉鎖しています。

食道の本体は主に筋肉で出来ています。

一方、食道の内側は扁平上皮(へんぺいじょうひ)と呼ばれる粘膜性の細胞で出来ています。

そして外側は外膜と呼ばれる膜で覆われています。

食道は口に近いこともあり、外部からの刺激や細菌に晒されやすく、酸やアルカリに弱いです。

食道が痛くなる原因は?食後のごろ寝は要注意!

食道が痛い原因

1.逆流性食道炎(ぎゃくりゅうせいしょくどうえん)

胃の辺りがムカムカしていませんか?

もしくは寝ている時にすっぱい胃酸が喉の奥に上がってくることは無いでしょうか?

もしあればそれは胸やけ呑酸(どんさん)が起きているのかもしれません。

そして、上記の様な症状が続くのであればそれは逆流炎食道炎の可能性が高いです。

逆流性食道炎とは?

逆流性食道炎とは胃液が食道に入り込み食道を荒らす症状です。

その結果、食道に炎症や腫瘍を発生させてしまうのです。

逆流性食道炎を発症してしまうと以下の様な症状が現れます。

・食後に吐き気

・すっぱい胃液が喉に上がってくる

以前は逆流性食道炎は中高年異常の方に多い症状でした。

しかし近年では、逆流性食道炎を発症する若い患者が急増しているといわれています。

これは食生活の変化による要因が大きいようです。

若い人は中高年の人に比べ洋食を好む傾向にあり、洋食に多く含まれる脂肪分が原因とされています。

逆流性食道炎の症状は?

逆流性食道炎を発症すると以下の様な症状を発症します。

1. 胸やけや吐き気

胃の辺りがムカムカした感じになります。

そして気持ち悪くなり吐き気をもようします。

原因は胃液の逆流による食道の損傷、または炎症です。

2. 呑酸(どんさん)

胃からあがって来た胃液が口内に届くことで口の中に酸っぱさを感じます。

3. 咳

胃酸が喉や気管支が損傷し咳が出ます。

4. 胸が締め付けれられるような違和感

喉から胸にかけて締め付けられるような違和感を感じます。

人によっては痛みを伴うことがあります。

5. のどの違和感や声がかれる

胃酸が原因で喉に炎症を起こし、痛みを感じるようになります。

また、喉の損傷により声がかすれるようになることもあります。

6. 口臭

胃酸のせいで口臭が気になるようになります。

他人にも分かるほどになる場合がありますので注意が必要です。

逆流性食道炎を予防するには?

逆流性食道炎は生活習慣が原因で発症しやすい病気と言われています。

ですので、まずは生活習慣を見直す事が重要です。

1.食事の見直し

以下の点が該当する方は逆流性食道炎になりやすいので注意が必要です。

・洋食中心の食事

・早食い

・暴飲暴食

胃液は食べ物を消化するために分泌されます。

そして、脂肪分を消化する際には特に多くの胃液を必要としているのです。

そのため、洋食中心の脂分が多い食事では胃酸が多く分泌されてしまいます。

洋食中心の方は揚げ物などは避けて、なるべく脂分の少ない料理を選ぶようにしましょう

また、早食いや暴飲暴食なども胃への刺激が大きく胃液を多く分泌させてしまいます。

早く胃の際には食べ物を飲み込む際に空気を一緒に飲み込んでしまう可能性が高くなります。

その結果、ケップと共に胃液が食道に上がってきてしまいます。

食べ物を飲み込む際にはなるべく空気が入らないように注意することも予防に繋がります

2.過度なストレスをためない、ストレスを発散させる

仕事やプライベートで過度なストレスを受けると胃にも影響を与えてしまいます。

それは胃液の過剰分泌です。

また、ストレスが原因で食道が少量の胃液にでも過剰に反応し強い胸やけを起こす事があります。

胃以外のとってもストレスは万病のもとです。

ストレスを貯めず、健やかな生活を送ることを心がけましょう。

3.食後直ぐに横にならない

食後直ぐに寝転んでしまうことありませんか?

食事直後は胃に食べ物が詰まっています。

着席した状態であれば重力もあり、食べたものは胃に収まっています。

しかし、横になってしまえば重力も働かず、当然食道を伝って口に逆流しやすくなります

また、逆流した食べ物には胃液が含まれていますので食道の損傷の原因となりやすくなります。

食後直ぐに横になってしまう癖のある方はご注意ください。


Sponsored Links

逆流性食道炎の次の起こる症状、食道がんの恐怖!

食道が痛い原因

逆流性食道炎と食道がんの関係性とは?

逆流性食道炎の症状を繰り返すと食道の炎症が慢性化してしまいます。

慢性化してしまうと食道粘膜が変質してしまい、変質した部位をパレット食道と呼びます。

そして、このパレット食道が食道がんを引き起こすようになると考えられています。

食道がんは50歳以上の男性に多い癌で、他の臓器に転移しやすいので注意が必要です。

年齢でみると50~70歳代に発症する事が多く、男性患者数は女性患者数の5倍にもなっています。

原因

喫煙者、アルコール度数の強いお酒を毎日飲む、辛いものや刺激物などです。

つまり、食道に与える強い刺激が食道がんの主な原因となっているのです。

症状

初期段階で食道の機能が半分以上残っていると食べ物を飲み込む際にほとんど違和感が無いため、症状に気が付きにくいです

症状が進行すると喉のつかえや食べ物を飲み込む時に違和感を感じるようになります。

他には普段感じたことの無いような喉のひりひりしたり感じや痛みなどが現れるようになります。

治療法

他の癌に比べて放射線や抗がん剤が効きやすいです。

初期であれば更に完治の可能性が高くなります

症状に気が付いたら出来るだけ早く病院で検査してもらうようにしましょう。


Sponsored Links

関連記事