その「痛み」や「しびれ」。 放置していると大変なことに…

menu

からだの痛み赤信号

肘が痛いのは外側の骨が原因?野球やソフトボールで痛めやすい肘内側の治療法。


肘の内側が痛い

肘の怪我や痛みなどというとプロゴルファー、野球のピッチャー、テニスプレイヤー等を思い浮かべる人も多いと思います。

プロゴルファー等のように肘を酷使するスポーツでは肘を痛めやすく、悪化してしまうと手術を受けなければ復帰出来ないこともあります。

では、肘の痛みはこのような一部のアスリートにしか関係ないのでしょうか?

実は普通の生活の中でも肘が痛くなる症状が現れる場合があります。

今現在、肘が痛かったり、しびれていたりしている人はいないでしょうか?

実はその症状は怪我や病気の初期症状かも知れません。

ここではそんな肘の痛みの原因と対処法をご説明します。


Sponsored Links

肘の酷使にご注意を!ゴルフ肘って何?

肘が痛い

肘が痛くなる原因は大きく分けて2つあります。

それは外部からの衝撃によるものと、肘の内側で起こっている症状による痛みです。

外部からの衝撃とはどこかにぶつけたり転んだりして肘を打ち付けてしまうような場合です。

今回は外部からの衝撃ではなく、肘の内側で起こっている症状が原因で発症する症状に焦点を当てます。

肘の痛みには以下の様な原因があることが分かっています。

・スポーツなどの疲労による炎症

ゴルフプレイヤー、野球のピッチャー、テニスプレイヤーなど特に手首を使うスポーツ選手に起こりやすい症状です。

ゴルフが原因で肘が痛くなることをゴルファーの間ではゴルフ肘と呼びます。

実はゴルフ肘はプロでなくてもなってしまう症状です。

安心してゴルフを楽しむために、ゴルフをされる方は特に原因と対策を覚えておいた方がよいでしょう。

ゴルフ肘の原因は?

ゴルフ肘になってしまう原因は一般的に過度な練習による肘の酷使といわれます。

また、ゴルフ肘はスイングのフォームも影響しています。

たとえば肘や手首に極端に力が入りすぎていませんか?

毎日のように練習を行うプロゴルファーが全員ゴルフ肘になっている訳ではありません。

練習による過度な酷使以外では、主に以下の様な原因によってゴルフ肘の症状が起こりやすいです。

・練習時に地面やマットにクラブを打ち付けてしまう

・スイング時に力みすぎている

・グリップを強く握りすぎる

・腕だけでスイングしている(全身を使えていない)

如何でしょうか?

思い当たるものがあればゴルフ肘になりやすいと言えます。

過度な練習による肘への過度な負担はもちろんですが、正しくないスイングが原因で起こるケースが多いです。

そしてこれがプロだけでなくアマチュアの人もゴルフ肘になってしまう原因なのです。

ゴルフ肘になってしまったら?対処法は?

まずは肘に痛みを感じたら無理をせずに、痛みが引くまで練習を中止するようにしましょう。

無理して練習を続ければ症状を悪化させることになります。

そして、次の自分のスイングを改善してみてください。

きっと痛くならないだけではなく、スコアもよくなるはずです


Sponsored Links

リウマチって何?よく聞くけど意外と知らない怖い症状

肘が痛い

リウマチとは関節炎から始まる全身に発症する病気です。

温泉の効果効能などでよくリウマチを目にしますが、あまり症状は知られていないようです。

リウマチってどんな症状なの?

肘以外にも全身の間接に症状が現れます

症状が進行すると間接が腫れたり変形したりします。

特に女性が発症しやすく、40代以上の患者の割合が高いです。

これは閉経に関係しているからです。

初期症状は間接が動かしにく感じるようになります。

症状が悪化すると患部が痛んだり腫れたりするようになります。

さらに症状が悪化すると軟骨が破壊され、間接が変形してしまいます。

リウマチになってしまう原因

現在のところ考えられている原因は以下の通りです。

・免疫異常
・遺伝
・ウイルス感染
・ストレス

上記の要因が複合的に関係することで発症すると考えられています。

しかし、現在のところ明確な原因が判明していません。

最も有力な原因と見られているのが、免疫異常による自己免疫疾患です。

自己免疫疾患になると自分自身の細胞や組織を攻撃するようになります。

また、免疫異常により間接の滑膜細胞が増殖して周囲の軟骨に炎症を引き起こします。

これにより間接に痛みや腫れの症状が現れるのです。

病院では血液の検査を行い、リウマチの診断をします。

1. 炎症反応

血液中の”C反応性たんぱく(CRP)”の含有量を測定します。

CRPが陽性の場合、全身性か局所性に炎症が存在してると言う事になります。

2. 免疫反応

関節リウマチの患者の約80%がリウマトイド因子(RF)に陽性反応を示します。

また、炎症が長引くと免疫グロブリン値が高くなる場合もあります。

3. 貧血

一般的に赤血球数、ヘマトクリット(Ht)値、ヘモグロビン(Hb)値、血小板数の数値が低くなります。

リウマチになってしまった時の対処法

症状を悪化させないためにはまず十分な睡眠をとるようにしてください。

夜更かしはせず、昼間でも眠気を感じたら仮眠を取るようにしてください。

また、ストレスもリウマチを悪化させる原因のひとつです。

出来る限りストレスをためない健やかな生活を心がけましょう。

また、泉質によっては温泉での湯治も効果的です

リウマチになる前に予防しましょう!

肘が痛い

関節リウマチを予防するためには、生活習慣を見直す事が重要です。

禁煙

一般的に喫煙者のリウマチ発症率は非喫煙者に比べて高くなります。

また、喫煙者のほうが症状の進行が早く、治療の効果を得られにくいというデータもあります。

まずは喫煙をやめるようにしましょう。

食事

まだ研究段階のようですが長名環境と免疫には関係性がある事が分かり始めてきました。

腸内の環境を改善することでリウマチの発症を抑えることが出来るかもしれません。

病気の進行を抑える効果が期待できる食材は以下の通りです。

オリーブオイル

飽和脂肪酸摂取量の減少でリウマチの症状が改善すると期待されています。

ヨーグルト

ヨーグルトは腸内の善玉菌を増やして、腸内の環境を整える効果が確認されています。

まずは生活習慣を見直し、効果のある食品を摂取しましょう。

また、運動などの過度な疲労による痛みの場合はしっかり休息をとり、症状が改善しない場合は病院へ行くようにしましょう!


Sponsored Links

関連記事