その「痛み」や「しびれ」。 放置していると大変なことに…

menu

からだの痛み赤信号

女性に多い膀胱炎の症状と原因は?自然治癒できない場合は病院へ


cystitis

女性に多いとされている膀胱炎。

数多くトイレに行きたくなり、排尿の際にすごく痛みを感じる。

トイレに何回行っても残尿感がのこる。もしくは血尿。

想像するだけで、かなり生活において不便や障害を感じるのではないでしょうか。

たとえば、急にトイレに行きたくなるのは非常につらいですね。

旅行や遠い外出などすると、常にトイレの事が頭に浮かぶ。

急に排尿したくなっていつもトイレを探すのでは、なかなか思い切った外出はできないでしょう。

そして人に会うことも躊躇するかもしれませんね。

外にはいつでも近くにトイレがあるわけではありませんから。

症状によっては尿を漏らししまう。すごく恥ずかしさを感じるでしょう。

すると必然的に家にこもる。そんな状態に陥るかもしれません。

そんな残念な時間を過ごしてしまう。

それではなぜ膀胱炎は起きてしまい、そして特になぜ女性に多いのか?

その原因についてこれからお伝えしたいと思います。


Sponsored Links

なぜ女性に多いのか、そしてその原因

cystitis1

なぜ女性に多いのでしょう。それは膀胱から尿道口までの長さが関係しています。

男性の場合は膀胱から尿道口までは約15センチから17センチです。

それに対して女性は3センチから5センチです。

膀胱炎は尿道口から来る細菌が膀胱に侵入して発症します。

ですから尿道口から膀胱までの距離が短い女性のほうが発症しやすのです。

男性よりも早く細菌が膀胱に達してしまう。

男性の場合はもし、尿道口から細菌が侵入しても膀胱までの距離が長い。

そして仮に尿道口から侵入したとしても膀胱に来る前に排尿する際に細菌が排出されるのです。

膀胱炎になる原因は細菌の侵入です。

ではどんな細菌なのでしょうか。

多くは大腸菌といわれていますが。

大腸菌 腸球菌 ブドウ球菌

これらの細菌が膀胱に入り込むと炎症をおこします。

もちろん膀胱にも抵抗力があり、侵入してきても感染から守る場合もあります。

しかし、睡眠不足やダイエットなど、疲労がたまるとその分抵抗力がなくなります。

結果的に膀胱炎にかかり易くなるのです。

なかでも20代から30代の女性に多いようです。

非常に体力があるとされている年齢ですが、一体なぜでしょうか。

それは性行為が細菌感染する大きな一因となっているからです。

性行為する際に肛門や膣についた細菌が尿道口から膀胱に入り込むケースです。

そのほか朝忙しいなどの理由でトイレを我慢することが多い場合は発症するリスクが高くなります。

なぜなら、侵入してしまった細菌をいつまでも身体にとどめておくということだからです。

そのほか妊娠した場合にも子宮が大きくなって膀胱が圧迫されます。

それにより膀胱が十分に排尿できない時があるのです。

それは排尿を我慢した時と同じような状態となり、膀胱炎を発症しやすくなります。

それではどうすれば膀胱炎を防げるでしょうか。

その対策と予防そして発症した場合の対処法についてお伝えします。


Sponsored Links

膀胱炎はどう対処すればいいのか?その治療法

cystitis2

まず発症の原因は尿道口からくる細菌が膀胱に侵入して炎症が起きる、でした。

ということは、膀胱から細菌の侵入を防ぐ。これが予防として一番の目的となります。

膀胱から細菌を侵入させない、または入ってきてもすぐに排出することが大事です。

方法のひとつとしては水分を多くとるということです。

水分を多くとり、腎臓から多く尿がでるように促し、排尿と同時に細菌を排出する。

先ほどもお伝えしましたが、排尿を我慢すると細菌を膀胱に滞留させ非常に発症しやすくなる。

ですからその反対でなるべく多く排尿させて発症するリスクを下げる訳です。

また原因が細菌ですから清潔さを心がけるといったことも重要でしょう。

性行為の前後にきちんと身体を洗う、生理用品のこまめな交換、排便の際のケア。

これらを行うことで、細菌の膀胱への侵入を防げるのではないでしょうか。

また女性の場合、冷え性を持病としてもっていらっしゃる方もいるでしょう。

身体が冷えると体温が低くなります。すると血流がわるくなり細胞の働きが鈍くなります。

非常にまずいのが下半身を冷やしてしまうことです。

排尿にかかわる膀胱や尿道、その周りの筋肉が鈍くなり、結果的に排尿の機会が減ります。

そうすると膀胱炎の発症する可能性が高くなってしまうのです。

ですから、身体を温めて冷やさないことが大事です。

特に下半身です、ひざ掛けなどを常にしておくことによって、冷えから身体を守りましょう。

次に治療法についてですが、膀胱炎の初期段階だと自然治癒能力を信じることがあるようです。

まずは薬を投与しないで、さきほどお伝えした水分を摂取して排尿することで細菌を洗い流す。

そのような方法をとるようです。なかなか意外ですね。

そして、重度となればと薬剤を使います。

細菌の原因は多くは大腸菌です。

病院の治療では大腸菌に効果的な抗生物質、抗菌材剤が使われます。

4日か5日くらい処方され、1日飲むと穏やかになるそうです。

ただ、すこし治ったとしても膀胱内に菌が残ってしまい、再発するケースが非常の多いようです。

中途半端にせず、完全な治癒を目的に、しっかりと医師の判断を聞くことが大事となっていきます。

膀胱炎との関わり

cystitis3

膀胱炎の原因とその予防、治療についてお伝えしました。

ここまでお伝えしてもうお分かりだと思います。

膀胱炎とは非常に発症する原因がすごくはっきりしているということです。

さまざまな原因が絡みあい、一体何が原因なのかよくかわからない病気ではない。

こんな発言してしまったら患って苦しんでいる方に大変失礼ですが。

比較的、直接的で単純に対処できる病気のように思います。

ですからその対策や予防も他の病気に比べて対処しやすいのではないでしょうか。

複合的に原因があり、あれもこれもと対処が必要な病気ではないのです。

膀胱から細菌の侵入を防ぐ。これだけです。

症状としては痛みがあり、残尿感や血尿などで苦しいかもしれません。

しかし対策が単純ですから、あまり必要以上に慌てなくてもいいのではないでしょうか。

大きな不安も抱える必要はないものと思います。

この点は安心していいのではないでしょうか。

じっくり落ち着いて医師の判断を仰ぎ、この膀胱炎を治療していけばいいと考えます。


Sponsored Links

関連記事