その「痛み」や「しびれ」。 放置していると大変なことに…

menu

からだの痛み赤信号

光老化には資生堂!パソコンからのブルーライトも肌ダメージの原因?


光老化

紫外線の対策は出来ていますか?

普段日の光が当たらないおしりの方がに比べて肌が綺麗だと感じたことがある人も多いでしょう。

実は紫外線を浴びた部分の肌は浴びていない部分の肌に比べて老化のスピードが早くなります。

紫外線等の光による老化。

あまり知られていませんがこの現象を光老化といいます。

まだ若いからと紫外線対策を手抜きしていると将来後悔することになるかも知れません。

ここでは紫外線による老化のメカニズムとその対策、さらに紫外線による怖い皮膚の病気に関してご説明します。


Sponsored Links

以外と知らない紫外線の事。紫外線は何が悪いの?

光老化

漠然と紫外線は肌に悪いとイメージを持っている人は多いと思います。

しかし、紫外線がなぜどのように肌に悪いのかしっかり説明出来る人は少ないのではないでしょうか?

紫外線対策を学ぶ前に紫外線の事を学びましょう。

太陽の光は以下の三種類に分類されます。

目に見える光(可視光線)

目に見えない赤外線

紫外線

それぞれの違いは波長の長さです。

その中でも紫外線が最も波長の長い光です。

紫外線はその中で最も波長の短い光です。

波長の長さによって紫外線も更にUVAUVBUVCと分類させます。

その内で実際に地表に届くのはUVAUVBだけです。

紫外線が強いのは10時頃からご14時頃の間です。

この時間帯に外出する場合は特に念入りな紫外線対策をするようにしてください。

光による老化はなぜ起こるの?

光老化

紫外線で本当に怖いのは日焼け直後の肌へのダメージではなく、肌に蓄積されるダメージです。

紫外線は肌に最も悪影響を与える原因です。

紫外線は短い時間浴びただけでも肌にダメージを残します。

短い時間なら大丈夫と紫外線対策をとらずにいるとダメージか蓄積されてしまいます。

そしてダメージを蓄積し続ける事で、シミたるみしわ等の症状が現れるようになってしまいます。

この症状は老化の現れで、紫外線等の光による老化の事を光老化と呼びます。

光老化の原因になるのは主にUVAです。

UVAは真皮の深いところまで届き、コラーゲンエラスチン変質させてしまいます。

その結果、肌の張りや弾力が失われまうのです。

また、人の表皮は年齢と共に薄くなるものです。

しかし、光老化が進むと逆に表皮が厚くなります。

そのため、肌の水分が失われガサガサになり、深いシワが出来やすくなってしまうのです。

パソコンからも紫外線が出ていた!

ほとんどの人がパソコンや携帯電話の画面を毎日見ているのではないでしょうか?

実はパソコン携帯電話の画面からも紫外線が出ているのです。

紫外線は太陽光にだけ含まれているものではありません

クラブやカラオケボックスに設置されているブラックライト

スーパー等の野菜売り場に設置されている殺菌灯

蛍光灯からも紫外線はでています。

つまり、日常生活の色々な場面でも私たちは紫外線に去らされているのです。


Sponsored Links

紫外線を浴びないのは不可能。でも予防は出来ます!

光老化

上記の通り、紫外線は屋外でも屋内でも存在しています

そのため、紫外線を全く浴びずに生活していくのはほぼ不可能と言えると思います。

しかし、紫外線対策を取りなるべくダメージを蓄積させない事は可能です。

対策を知っているのと知らないのでは将来大きな差が出るのはほぼ間違いありません。

正しい対策を取り、紫外線から肌を守りましょう!

日焼け止めクリームやスプレー:

紫外線対策として使う人は多いと思います。

しかし、正しく使用しないとしっかりとした効果を得ることは出来ません

しっかりと紫外線対策をしたいのであれば密着性が高く塗り斑になりにくいクリームタイプやミルクタイプがお勧めです。

また、スポーツなどで汗をかく可能性がある場合はウォータープルーフタイプの商品を選ぶと良いでしょう。

中でも資生堂から多くの効果が高い紫外線対策商品が出ていますのでチェックしてみて下さい。

しかし、いくら密着力が高くても時間とともに効果が落ちてきます

ですので効果を継続させるためにクリーム等を塗り終えた後にスプレータイプの商品を使うとさらに効果的です。

紫外線は皮膚だけではなく、髪の毛にも当たります

その点、スプレータイプは簡単に髪の毛の紫外線ケアが出来るのでとても便利です。

肌によい食べ物

紫外線対策は食べ物でも出来ます

ではどのような食べ物が有効なのでしょうか?

・抗酸化作用の高い食品

活性酸素メラニンの生成を促進することでシミそばかすが出来ます。

抗酸化作用の高い食品を摂取することで活性酸素を取り除きます

海老

イチゴ

ざくろ


・ミネラル類やビタミンを多く含む食品

ビタミンCはシミそばかす予防効果に効果があります

他には肌の新陳代謝を活発にしてくれる効果があるビタミンB2亜鉛

そして肌の老化と肌荒れを防ぐことが出来るβカロテンビタミンEを摂取するのも効果的です。

ビタミンC:
みかん
イチゴ

βカロテン、ビタミンE:
かぼちゃ
にんじん

亜鉛:
魚介類
肉類

ビタミンB2:

納豆
牛乳

紫外線を浴び続けると皮膚がんを発症する可能性が高くなります。
光老化を避けるためにも紫外線を理解し、未来のご自身のためにもしっかりとした予防策をとるようにしましょう。

Sponsored Links

関連記事